葬儀

葬儀で送り出す故人【心温まる別れの時間】

家族で見送る

花

家族葬とは

現在、生前に故人が家族葬を希望しているケースが多く、身内だけの参列となるため、遺族が参列者に気疲れせずにゆっくりと送り出すことができることがメリットである。葬儀後は参列者以外には、故人が亡くなった旨のお知らせを故人とつながりのあった人たちへ出す必要があるため、葬儀の参加していない人から苦情が出たり、自宅に弔問客が度々訪れるケースもあるので、対応に追われることがある。仮に自身が亡くなった後に、家族葬を望むのであれば、トラブル回避のために参列者リストと後日お知らせを郵送する人のリストを作成しておくのが適当である。

家族葬の人気

家族葬の人気が高まっているのには理由がある。最も大きいのは、それまでの葬儀の費用が高いことにあった。身内の死は突然訪れることが多く、事前の予備知識もなく慌ただしい中で葬儀社との打ち合わせが進み、請求書を見て驚くことが常だった。家族葬という葬儀名だけでも、小ぢんまりとしたお葬式のイメージで、費用もかからないと思えるのが人気の秘密である。もう一つの理由は、寿命が延びて退職後の月日も経ち、会社関係者の参列も少なくなり、家族葬だけのお葬式で十分という現実的な考えもあるのだ。

都市部での家族葬の現状

地方での葬儀は現在でも自宅や葬祭会館を借りて、身内・親族共に参列者を迎え入れる従来のスタイルが主流だが、都市部での葬儀はほぼ家族葬へと移行しつつある。その背景には核家族化の進行と都市部への流入による血縁者との連帯の希薄化、日常の居住共同体とのつながりの希薄さ、そして社会としての虚礼廃止の方向性といったものが挙げられる。また、都市生活者の宗教観の変化も見逃せない。都市生活者には既に葬儀のみならず旧態の冠婚葬祭の儀礼そのものが馴染みが無くいかにも形式的なものとしてとらえられるため、コストをかけたくないという意識が働くのである。そのような事情を受け、現在は積極的に家族葬へ軸足を移す葬祭社が増えてきている。