葬儀

葬儀で送り出す故人【心温まる別れの時間】

限られた区域で可能

葬儀

樹木葬を知る

1999年以降に一般的となった新しい葬法で、エコ活動が盛んになるにつれ、自然を壊さない、環境にもやさしい葬法として注目されるようになった。価値観が大きく変化し、核家族化がますます進展する今の日本において、葬儀の方法への考え方も多様化してきており、海への散骨や立体倉庫型の納骨堂など、従来のものに代わる様々なやり方が見られるようになってきている。樹木葬もその中の一つである。

樹木葬の種類

自分らしさを葬儀に求める人たちのなかで樹木葬が注目を集めている。墓石ではなく樹木を墓標として、遺骨を土に埋めるというスタイルだ。自然派志向、家族に墓所の管理・供養を負わせたくない、継承者がいないなど理由はさまざまである。樹木もバラ、ねむの木、桜であったり、好きな樹木を植樹できるところ、ハーブに囲まれているところなど多種多様で、ペットと一緒に埋葬してもらえるところもある。宗教は問わないし、生前に申し込みをすることができる。

樹木葬の長所

樹木葬は、葬儀が終わってから故人の遺骨を墓に埋葬せず樹木を墓石の代わりやシンボルとし埋葬する方法である。故人1人に1本の樹木を植栽する場合と、すでにある樹木の周囲に合葬のように埋葬することもある。樹木葬では、承継者がいなくても永代供養され美しく管理される。樹木にもさまざまな種類があり、霊園に併設されていることも多く生前に自分に合った樹や霊園をさがし安らかに眠る場所を選ぶことができる。自然に帰るという意識が高い人には、自分らしい埋葬の方法となる。